「賃貸物件家主様からの相談コラム」 ~「設備トラブル大家の責任 編」~ | 駒込・北区・豊島区・文京区の不動産のことなら株式会社ハウスマ


  • 「大家責任の工事について借主が仕事を休んだことへの補償は、大家が払うべきなのでしょうか?」



     


     不動産賃貸経営博士の「お悩み大家さん」に寄せられた「賃貸物件オーナー様」のご質問
    について詳しく回答させていただいております。


    【大家さんからの質問】
    「大家責任の工事について借主が仕事を休んだことへの補償は、大家が払うべきなのでしょうか?」


    実家が当マンションの大家をしており、細かな対応は、私がしております。

    今回、借主さん宅にて、数回の設備不具合があり、退去される旨連絡を受けました。
    設備不具合は、3年間で3か所で発生し、お仕事の忙しい最中に、何度も休みをとり
    工事業者との対応をしたことについて、多くのストレスを受けたと補償を検討する
    ように要望がありました。

    発生した2か所(風呂釜給湯器からの配水管洗浄と給水配管からの水漏れ)に
    ついては、築29年のための経年劣化と考えられています。
    1か所については、エアコンからの水漏れで、設置業者が修理をしたのですが
    その際に「設置時(5年前)のミスのため」と話して帰ったそうです。

    補償には、応じるつもりと、お返事を返したのですが、当方からの提案が
    なされなかったため、二人住まいの二人分(エアコン修理時・水漏れ工事時)の
    日給を補償するように借主さんから提案がありました。

    これまで29年間の間、当方責任での不具合工事に対しても、借主さんが
    快く立会を引き受けてくださっていたもので、前例がなく戸惑っております。

    賃貸住まいの大家責任の工事については、このようにお休みを取らせてしまった
    ことへの補償は、お支払いすべきことなのでしょうか?

    どうぞよろしくお願いいたします。


    【ハウスマからの回答】

    はじめまして。

    株式会社ハウスマの駒込店と申します。

    ご質問について回答させていただきます。
    借主様が希望している補償について支払う必要はないと思います。
    賃貸借契約の場合、借主は「賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするとき賃借人はこ
    れを拒むことは出来ない」と定めております。借主がたとえ休みを取って工事の立会をしたとし
    ても「休みを取らせてしまったことへの補償」を支払う必要はありません。
    築29年ということから設備の不具合は致し方ないものだと思います。ましてや貸主様は修繕を
    行っています。これに立会いの為、休んだからといって補償金を支払っていると設備不具合があ
    った場合、すべて補償しなくはいけなくなります。(3年で3ヶ所の設備不具合は築年数から見
    ても特別多いようには思えません)

    たまにこういった借主の方がおりますが、弊社では借主様の義務を説明し金銭の支払いなどは一
    切お断りしております。


    参照URL→賃貸不動産経営博士の「お悩み大家さん」

    株式会社ハウスマでは管理業務はそのままに管理手数料を以下のように設定しております。

    【ハウスマ賃貸管理プラン】
    ・一棟管理=月額総賃料の3%
    ・一戸管理=一律月額2,000円

    ※一戸管理の場合、賃料は関係ありません。

    詳しくは下記ハウスマHPをご確認下さい。


    【お部屋探しのお客様へ】
    「JR山手線」・「京浜東北・根岸線」・「東京メトロ南北線」・「都営地下鉄三田線」・「高崎線」のお部屋探しはお任せください!

    お部屋探しはハウスマへ
    物件情報毎日更新中~

    【管理会社をお探しの家主様へ】
    月額管理手数料=一律2,000円(一戸管理)
    月額管理手数料=賃料合計額の3%(一棟管理)

    ハウスマの選べる管理プランはこちら
    ハウスマの管理物件ギャラリー



カレンダー
 << 2020年10月