「賃貸物件家主様からの相談コラム」 ~「家賃滞納入居者とのトラブル 編」~ | 駒込・北区・豊島区・文京区の不動産のことなら株式会社ハウスマ


  • 「家賃滞納している入居者が床の補修を要求、リフォームしないで退去してもらえるでしょうか?」



     


     不動産賃貸経営博士の「お悩み大家さん」に寄せられた「賃貸物件オーナー様」のご質問
    について詳しく回答させていただいております。



    【大家さんからの質問】
    「家賃滞納している入居者が床の補修を要求、リフォームしないで退去してもらえるでしょうか?

    父から相続した鉄筋アパートの1階に住む借主が度々家賃滞納し、督促をしては支払いを繰り返
    し、現在は2ヶ月分滞納状態ですが毎月支払いはあります。

    6年前から不動産業者と借主が滞納について揉めて取引を解除されて以来、契約更新手続きも出
    来ず、敷金ももらってません。

    建物の老朽化により売却を考えており、数年後には退去してもらう様に話してあります。
    今回、部屋の老朽化により、床の補修などを要求されました。

    売却をする予定なので、今後大規模リフォームはしない旨、家賃滞納と契約更新もしてないた
    め、退去して欲しい旨を書面にて渡しました。

    不動産売却が具体化する前に、リフォームしないで退去してもらえるでしょうか?
    退去してもらえるなら、家賃滞納分と敷金未納分は諦めて、引越し代を支払っても良いと考えて
    ます。


    【ハウスマからの回答】

    はじめまして。
    株式会社ハウスマ駒込店と申します。

    ご質問について回答させていただきます。
    借主様が要求している「部屋の老朽化により、床の補修」ですが、本来は貸主様負担で行う修繕
    かと思います。
    簡単にご説明させていただきますと国土交通省のガイドラインでは「経年変化及び通常の使用に
    よる住宅の損耗等の復旧については、賃貸人の費用負担で行い、賃借人はその費用を負担しな
    い」とされています。
    借主様の生活に支障が出ているようであれば修繕したほうが良いと思います。
    ※現況がどのような状態かわかりませんが、床をすべて張りなおさなくとも悪い箇所だけ修繕す
    れば大丈夫です。
    万が一修繕しないで老朽化によりケガでもされてしまうと貸主様の責任になってしまします。
    その点はご注意ください。
    ただし、近々で退去を希望されるのであれば下記の方法がよろしいかと思います。

    退去についてですが「2ヶ月分の家賃滞納」があるのであればそれを理由に解除することも可能
    です。(内容証明などで対応すると良いです)
    ただ、先方がごねてきた場合は長期戦になることも考えられます。

    まずは未納分(家賃・敷金・更新料)の入金期日を決めて督促を行います。
    期日までに支払いが無いようであれば契約解除(これも期日を決めます)を伝える。
    その際に先方がごねるようなら「家賃滞納分と敷金未納分・更新料の未払い分を免除するので退
    去してください」が一番スムーズに行くかと思います。
    (小出しにしても良いと思います)
    (引越代の負担は最初に言わなくとも良いのではないでしょうか)

    参考になれば幸いです。


    参照URL→賃貸不動産経営博士の「お悩み大家さん」


    株式会社ハウスマでは管理業務はそのままに管理手数料を以下のように設定しております。

    【ハウスマ賃貸管理プラン】
    ・一棟管理=月額総賃料の3%
    ・一戸管理=一律月額2,000円

    ※一戸管理の場合、賃料は関係ありません。

    詳しくは下記ハウスマHPをご確認下さい。


    【お部屋探しのお客様へ】
    「東京都」「千葉県」「埼玉県」のお部屋探しはお任せください!

    お部屋探しは株式会社ハウスマ駒込店へ
    物件情報毎日更新中~

    【管理会社をお探しの家主様へ】
    月額管理手数料=一律2,000円(一戸管理)
    月額管理手数料=賃料合計額の3%(一棟管理)

    ハウスマの選べる管理プランはこちら
    ハウスマの管理物件ギャラリー



カレンダー
 << 2021年1月